10/31第24回定期総会にて「2022年度の具体的取り組み」等を決定し、役員8人体制での新年度スタート!!
その他 イベント

2022年寅年 年男・年女

年女天田スミさん 

夫が58歳で他界したあと、子供2人から孫3人そして、ひ孫5人が加わり、ひ孫育てで、へとへとになる日もありましたが、そのひ孫達も中学生となり、寂しさの中にもホットしている現在です。
 ひ孫達の為に始めた「子供の論語塾」の読み聞かせが現在は教育現場でも使用されているとの事で、静かな一人暮らしになった今でも、読み続けています。二十歳の頃から始めた裏千家・不白流の茶道と共に欠かすことの出来ない指標として心穏やかに過ごしています。そして毎日の出来事は欠かさず日記に綴って記録残しています。
  今を生きる!食べることは最高の道徳! 苦労は人を磨く!
を日々心に刻み、職場を通して得た友人たちとの出会いに感謝しつつ、交流を深めながら80歳からの人生を楽しんでいます。

年男沼尾正夫さん  

1983年生まれの寅年です。退職後、有意義なセカンドライフを過ごしたいと思い、杉大(今市市のシニア大学)に入学し様々なカルチャーを学びました。
  その中で陶芸の奥深さに魅了され、杉大の仲間の皆さんと陶器作りをスタートさせました。以来、現在まで継続して陶芸を楽しんでおり、沢山の自作の陶芸品を作成してきました。私の写真に写っている陶芸品は自作品の一部です。これからも、続けていきたいと思っています。
 また、健康維持も楽しみを継続させるために大切な要素となりますので、ラージボールというスポーツを楽しみながら、体力・健康維持に取り組んでいます。これからも健康で楽しくセカンドライフを楽しみたいと思っています。

記事の有効期限: 2021年12月26日 日曜日

NTT労働組合退職者の会 栃木県支部協議会